【入居編】リンナイ・ビルトイン食器洗い乾燥機のリコール

     
     
    リンナイ・ビルトイン食器洗い乾燥機1  リンナイ・ビルトイン食器洗い乾燥機2


    我が家のキッチンはヤマハのberryで、ビルトイン食洗機はリンナイのRKW-456Aです。 
    (いずれも 2005年時点の 住友不動産 J・URBAN 近畿標準仕様)

    ■関連記事 ⇒ 【入居編】リンナイ・ビルトイン食器洗い乾燥機 
               【入居編】食器洗い機の給湯配管 

    Yahooニュースに、リンナイ製のビルトイン食洗機がリコールになった記事が出ていたので、我が家の機種が該当するか調べてみたところ・・・ RKW-456Aは今回のリコールの対象外でした。

    ■参照サイト ⇒ ビルトイン食器洗い乾燥機の点検・修理作業の実施について     リンナイ

    なお、リコール情報を集めたリコール情報ポータルサイトについて、以下の記事で紹介しています。 お役立ていただければ幸いです。 ^v^

    ■関連記事 ⇒ 【マメ知識】リコール情報サイト集 



    ヤマハキッチンberry ・ リンナイ ビルトイン食洗機の関連日記はコチラ♪

    けもやのおうち・目次 ⇒ 5-1. 屋内・インテリア・設備-1 ⇒ キッチン



    スポンサーサイト
    新館 HOME目次/サイトマップWEB内覧会旧館 HOME
    J・URBAN 建築日記集J・URBAN 合同WEB内覧会WORLD DESIGN 建築日記集
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ 住友不動産ブログランキング FC2ブログランキング

    テーマ : マイホーム - ジャンル : ライフ

    【入居編】ヤマハキッチンberry・シンク下の異臭再発-3

     
    ヤマハキッチンberry・シンク下の異臭再発の記事に、同様の症状でお困りの方からのご相談が寄せられましたので、遅ればせながら解決編をアップします。 
    (色々と書きかけて放置プレイを繰り返しております・・・ スミマセン ^^;)

    なお実際には、2011年9月の出来事となります。 けもやの拙い記憶と記録を元に書いているため(笑)、細かいところは怪しいですが、大筋はあっているはずです。

    ■関連記事 ⇒ 
    2010年8月 ヤマハキッチンberry・シンク下の異臭 
    2011年8月 ヤマハキッチンberry・シンク下の異臭再発-1 
    2011年9月 ヤマハキッチンberry・シンク下の異臭再発-2
    2011年9月 ヤマハキッチンberry・シンク下の異臭再発-3
    入居編    下水配管内の掃除-1下水配管内の掃除-2
    マメ知識   悪臭を科学する


    さて前回の記事(異臭再発-2)では・・・

    パイプ/防臭キャップ/蛇腹ホースの再コーキングと、蛇腹ホース/S字トラップへのシールテープ施工で、幾分臭いは減ったように感じられるものの、やはりまだ下水臭がする

    ・・・ところまでご報告していました。 

    その後、3度目の対応時に、初回(異臭初回)と同様に「蛇腹ホースとS字トラップを同時に交換」することで、やっと解決にいたりました。 この記事を書いている時点(2012年5月)で約8カ月経過していますが、今のところ再再発はありません。

    ヤマハキッチンberryシンク下異臭
    ヤマハキッチンberry・シンク下

    ヤマハberry・排水管標準工事
    ヤマハベリーの排水管標準工事

    ここからけもやなりの考察になりますが・・・ 間違っている可能性も大いにありますので(笑)、その点は予めご承知おき下さいませ。 ^^;

    まず、異臭の再発原因と異臭への再対策は分けて考える必要があるように思います。

    再発の原因については、初回対応時に一旦解決しているので、コーキングに隙間が再度発生したものと推測されます。 前回の施工が不十分であった、もしくは、けもやがキッチンを使用中に排水管に何かを強くぶつけた、などが考えられるでしょうか。 もちろん、施工方法・使用方法に落ち度がなくても、コーキングが単に経年劣化した可能性もあります。

    なお、蛇腹ホースやS字トラップなどの部材自体の経年劣化については、新品への交換から1年ほどしか経っておらず、可能性は低いでしょう。 (ヤマハのカスタマーセンターいわく、10年程度使用しても劣化しないとのこと)

    ではなぜ、異臭の発生源(=コーキングの隙間)を塞ぐ対処だけでは臭いが消えなかったのでしょうか。 あくまでけもやの経験からの推測ですが、「蛇腹ホースとS字トラップの外側は、一旦臭いがつくと非常に消えにくい(=残臭がひどい) ⇒ 新たな悪臭の発生源になる」ことが原因のように思われます。 

    残臭は特に、蛇腹ホースの方で顕著です。 濃い目の台所用漂白剤(キッチンハイター)に付け置きしても消えませんでした。 最終的に、パイプ洗浄剤(パイプマン)の原液にも浸漬してみましたが、やはり悪臭は取れず仕舞いです。 (台所用漂白剤とパイプ洗浄剤は、似たようなもの。 パイプ洗浄剤の方が強力との理解で、だいたいOK。 定められた用途以外での使用は、各自の責任で)

    これらの部材の材質が何かは知りませんが、外側に臭いが吸着しやすい & 一旦つくと非常に取れにくい性質があるようです。 通常であれば、汚水・下水臭は配管内部にのみ接するものですから、外側に臭いがつくことはないのでしょうが。

    他に、残臭の発生源として、キャビネット内部に臭いの原因物質が残っている可能性も挙げられます。 我が家の場合、引き出し等をすべて外して内部を換気するとともに、全体をエタノール(消毒用アルコール)で拭きました。 換気していた期間は、トータルで1ヶ月半くらいになるでしょうか。 異臭発生時から解決まで、ずっと外したままでしたので。 (ただし、こちらの要因の寄与は小さい印象。 蛇腹ホースが本命)

    ちなみに、人間の嗅覚は意外と高性能らしく、原因物質が90%減少して初めて臭いが半分になったと感じる(ウェーバー・フェヒナーの法則)そうです。 詳しくは関連サイトをご参照くださいね。

    ■関連サイト ⇒ においの濃度と感じ方   空気環境部会


    以上のことから、ヤマハキッチンberryのシンク下で異臭(下水臭)が発生した場合の最善の対処法は「蛇腹ホースとS字トラップを同時に交換」、次点の策は「蛇腹ホースのみ交換」となるかと思います。 ただし、他モデルや同モデル現行品では、部材の仕様が異なっている可能性もあります。 その場合には、コーキングの再充填だけで解決するかもしれません。

    なお、対応の費用は、初回対応時(入居5年目)も再発時(入居6年目)も無償でした。 修理履歴は全て、住友不動産のカスタマーセンターに残るようになっています。



    ヤマハキッチンberryの関連日記はコチラ♪

    けもやのおうち・目次 ⇒ 5-1. 屋内・インテリア・設備-1 ⇒ キッチン



    新館 HOME目次/サイトマップWEB内覧会旧館 HOME
    J・URBAN 建築日記集J・URBAN 合同WEB内覧会WORLD DESIGN 建築日記集
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ 住友不動産ブログランキング FC2ブログランキング

    テーマ : 家づくりブログ - ジャンル : ライフ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。