【入居編】夏季の室内の気温・湿度を実測-2(結果考察-2)

     
     
    夏季の室内(1F・2F)の気温・湿度の結果考察編-2 WBGT指数(熱中症指数) です。 結果考察編-1 気温の経時変化 の記事が未読の方は、そちらを先にご覧ください。 

    ■関連記事 ⇒ 【入居編】夏季の室内の気温・湿度を実測-1(測定条件)
               【入居編】夏季の室内の気温・湿度を実測-2(結果考察-1)
               【入居編】夏季の室内の気温・湿度を実測-2(結果考察-2)
               【入居編】夏季の室内の気温・湿度を実測-3(1Fデータ)
               【入居編】夏季の室内の気温・湿度を実測-4(2Fデータ)


    結果考察の前に、測定条件について再度。 しつこいようですが(笑)、非常に粗い測定のため、定量的な評価はできませんし、家屋や住宅設備の性能を評価できるものでもありません。  「へぇ、そんなもんなんだ」 程度にお考えくださいね。

    1F・2Fとも西側の部屋で、窓は閉めた状態、24時間換気システム(第3種)は運転の状態、エアコンは使用していません。 なお、24時間換気システムにより約2時間かけて外気と入れ替わるようになっているため、完全な密室での測定結果ではありません。

    気温・湿度の測定(測定数は全てN=1)には、TANITAアナログ式温湿度計(TT-509)を使用しています。 全測定データは 1Fデータ 2Fデータ をご参照ください。 屋外気温・湿度は、同じ温湿度計を用いて実測すべきところですが、簡略化のため、気象庁の気象統計情報からデータを取得しました。 

    測定日は7月下旬で、前日~当日~翌日すべて快晴、降雨はありませんでした。 けもやのおうち(近畿地方某所)は、山の北側を造成した土地ですが、ひな壇状のため日照を遮るものがなく、家屋への日当りは良好です。

    気温・湿度からWBGT指数(熱中症指数)への換算には、日本生気象学会の日常生活における熱中症予防指針の一覧表を使用しています。 屋外の項には比較のため、気温・湿度から換算した値(WBGTと表記)と、環境省の熱中症予防情報から取得した値(実測WBGTと表記)の両方を記載しています。 WBGT指数(熱中症指数)の詳細については、以下の記事をご参照ください。

    ■関連記事 ⇒ 【子育てと家】熱中症指数の情報サイト、熱中症指数の一覧表
               【子育てと家】熱中症にご用心(熱中症指数計)
      
    全測定データ(1Fデータ 2Fデータ)には、ご参考までに、気温・湿度から算出した絶対湿度も記載してあります。 絶対湿度(容積絶対湿度、g/m3)の詳細については、以下の記事をご参照ください。

    ■関連記事 ⇒ 【マメ知識】絶対湿度の早見表(気温と相対湿度からの換算表)



    まとめ気温・WBGTデータ
    WBGT・熱中症指数



    さて、ここからやっと結果考察に入ります。 いつも前置きが長くてすみません。 前提条件をハッキリさせてからでないと本題に入れないのは、理系の人間の性質です。(笑)

    まず、屋外のWBGT指数(熱中症指数)から見てみます。 WBGTは気温・湿度からの概算値、実測WBGTは黒球温度からの計算値なので、より信頼性が高いのは実測WBGTの方になります。 ただし、今回の比較対象となる1F・2FのWBGTは概算値のため、屋外も概算値を使うことにします。 

    この日の屋外のWBGTは、最低27(3時~5時)・最高30(11時~13時)でした。 ピーク時間帯が気温と若干ずれるのは、WBGTは気温に加えて湿度(と放射)の影響も織り込んだ値だからでしょう。   (ただし概算値では、黒球温度を測定しないため、放射の影響は無視される)

    次いで1F室内のWBGTは、最低27(3時)・最高31(13時~15時)となりました。 1F室温は屋外に比べて日中は低く、朝・夜は高くなっていましたが、WBGTに換算した場合は屋外を一日中上回っています。 ただし、窓を閉め切った状態での値であるため、朝晩の涼しい時間帯に窓を開けて外気を取り込むようにすれば、それなりに過ごしやすくなります。

    対して2F室内のWBGTは、最低31(7時~9時)・最高33(17時~21時)となりました。 2F室温と同じく、WBGTも屋外を一日中上回っています。 2Fは1Fに比べて室温が下がりにくいため、窓を開けてもさほど効果はなく、空調が必須となります。 エアコンが効かないということはありませんが、切った途端にジワーッと暑くなるあの感覚、お分かりいただけるのではないでしょうか。


    ちなみに、WBGT≧31 (WBGTが31以上)では・・・ 

    日本体育協会の【熱中症予防運動指針】 ⇒ 皮膚温より気温の方が高くなり、体から熱を逃すことができない。 特別の場合以外は運動は中止する。

    日本生気象学会の【日常生活における熱中症予防指針】 ⇒ 高齢者は安静状態でも熱中症を発生する危険性が大きい。 外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

    ・・・ とされています。 

    けもやのおうちでの測定結果を見ると、「屋内でも熱中症になりうる」ことがよく分かりますね。 実際この時期には、屋内で熱中症になり亡くなられた方のニュースを目にします。 

    熱中症指数(WBGT指数)は、気温に加えて湿度(と放射)の影響も受けます。 冬季の室内の気温・湿度を実測した記事にも書しましたが、気温だけでなく湿度も一緒に計る習慣をつけてください。 エアコンを使うべき時は使い、気温と湿度を適切に調整し、暑い夏を乗り切りましょうね!

    ■関連記事 ⇒ 【マメ知識】快適な室内温度と湿度、絶対湿度の関係


    なお、我が家の場合、本来の寝室は2Fにありますが、夏季(7月中旬~9月中旬ごろ)は1Fで寝るようにしています。 アキレスの六つ折マットレス、軽量&収納場所を取らないので、使い勝手がいいですよ。 おすすめ。 ^v^

    ■関連記事 ⇒ 【入居編】和モダンな寝室&ベッド


    あぁ、これでやっと夏休みの自由研究(笑)が終わりました。 2005年8月に入居して以来、いつかやろうと思っていたネタです。 測定と考察はもちろん、記事を書くのにも非常に時間がかかりました。。。 一連の記事がお役に立ちましたら、 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ 住友不動産ブログランキング をポチッとしていただければ喜びます。 ^v^



    屋内気温の関連日記はコチラ♪

    けもやのおうち・目次 ⇒ 4. 入居レポート ⇒ 屋内気温の項をご参照ください




    タニタ 簡易熱中症指数計 TT-545-WH

    エンペックス 屋内用熱中症注意 TM-2484

    エンペックス 屋内用熱中症注意 TM-2483

    タニタ デジタル簡易熱中症指数計 TT-544-GD

    《日本気象協会監修》 携帯型熱中症計 見守りっち MK-01

    京都電子工業 スポーツ用熱中症指標計 WBGT-203A



    関連記事
    新館 HOME目次/サイトマップWEB内覧会旧館 HOME
    J・URBAN 建築日記集J・URBAN 合同WEB内覧会WORLD DESIGN 建築日記集
    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ 住友不動産ブログランキング FC2ブログランキング

    テーマ : マイホーム - ジャンル : ライフ

    コメント

    コメントの投稿

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。